オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

てんかんの種類

飲み薬

てんかんの種類には、大きく分けて部分発作と全般発作に分類されており、それぞれに突発性のものと症候性のものがあります。

種類によって使用する薬が異なっており、部分発作のものには、カルバマゼピンやレベチラセタムを服用し、全体発作のものには、フェノバルビタールやレベチラセタムなどを服用します。

症状の強さによっては、複数の種類を併用して服用することもあり、病院だけでなく、通販などの方法で入手することが可能です。

てんかんの薬の効能について
てんかんは脳波の異常により、発作を引き起こす障害です。発作の大きさや現れ方は人によって個人差があり、ひきつけを起こすような大発作もあれば、少しだけ意識が消失するような小発作など様々です。

現在、てんかんを抑えるためには、脳波をできるだけ正常に保つための薬を処方されることが一般的になっています。そして、それを飲むことで、脳波の異常が抑えられる効能があり、日常生活を普通に生活できることができる場合もあります。

通販のメリット

かなりの薬

通販には主にテレビ、インターネット等を使う方法があり、それぞれに様々なメリットがあります。

まずテレビは商品の数は少ないですが、その商品の良いところを手にとって細かく説明してくれます。なので、購入した後に不満が出てきたり、間違った通販をしてしまうリスクを押さえることができます。さらに、自分は眺めているだけで商品を紹介してくれるので難しい手順がありません。

次にインターネットは、画像や文字の制限がないため様々な角度からの写真や動画がのせられたり、実際に使った人からの口コミを見ることができます。

てんかん薬の通販について
てんかんはけいれんなどの発作を繰り返す病気です。脳の神経細胞が過剰に興奮して抑制が利かなくなり、そのためにけいれんや意識障害を起こします。人口100人あたりほぼ1人が患者といわれています。

抗てんかん薬は、まず医師に診察診断をしてもらい、処方してもらって自分に効果があって、副作用がないかあるいは、耐えられるレベルかを見極めることが大事で、そして問題がないとわかったら、医師から処方されているのと同じものを通販で買うというのがリスクが少なくて済む方法です。

また金銭トラブルや粗悪品である確率を減らす方法として、口コミなどで評判のいい業者を選んで利用するのが賢明な方法です。

通販の概要

薬を見る

通販とは通信販売の略称であり、販売業者が郵便や銀行振り込みなどにより契約者と商品のやり取りをすることです。

支払い方法は先に消費者が支払いを確認次第販売者が発送する前払い、販売者が賞品を発送してから到着時に消費者が支払う後払いがありますが最近はクレジットカード払いが主流になってきています。通販は店に行かず自宅や会社でも注文し商品を受け取ることができますが薬や商品など現物や説明を信用できないことが欠点です。

通販の方法
ネットでは多種多様なものが販売されていますが、法律改正によりネット通販で購入できる商品も多種多様に増えています。

今まで医師の処方がなければ手に入れることができなかった難治性・特発性てんかんの治療薬などもネットで簡単に個人購入が可能です。日本では手に入らないものを個人輸入することもできるのです。ただし発作によって有効な成分が異なるため症状に合わせた処方が必要とされます。ネットを利用する前に担当医や専門家と相談した上で利用することが大事です。